建築パース(内観・外観)とCGパースの制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

イラストレーターの使い方を初心者に優しく伝授

イラストレーターの使い方を初心者に優しく伝授
メーカー名Illustorator
対応OSWindows/Mac ※それぞれパッケージが違います
言語バージョンDansk、Deutsch、English、Español、Français、Français*、Hebrew*、Hungarian、Italiano、Nederlands、Polish、Português (Brasil)、Svenska、Turkish、Ukrainian、čeština、Русский*、عربي*、日本語、简体中文、繁體中文、한국어
Official SiteIllustorator

お勧めの書籍:
Illustrator しっかり入門 増補改訂 第2版 【CC完全対応】[Mac & Windows 対応]
プロの現場で使われているIllustratorの「超速」テクニック

↓『イラストレーター』の口コミ募集中です。下記記事で18種類の建築パース作成ソフトの口コミを確認いただけます。

デザイン作成では欠かせないソフトと言っても過言ではないIllustrator(イラストレーター)。
ここでは、Illustratorの特徴や操作方法を紹介していきます。

Illustratorとは

Adobe Illustrator CC|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

Illustrator(イラストレーター)はAdobe(アドビ)が開発したグラフィックデザインソフトです。
ベクター画像(ベクトル画像)を扱うドローソフトで、印刷物やWEBの素材など、様々なデザインの現場で支持されています。デザインをする上で充実した機能や、作成できる美しい画像が魅力のソフトになります。

画像とグラフィックソフトの種類

写真やイラスト、アニメーション(動画)などをデジタルデータとして格納したファイルを「画像」といいます。画像は、「ラスター画像」と「ベクター画像」に大きく分けることができます。

ラスター画像(ビットマップ画像)

ラスター画像(ビットマップ画像)は、色が割り当てられた点が集まって形成される画像で、デジタルカメラやスキャナで取り込まれる微妙な色の階調を持つ画像(写真など)を表現するのに適しています
ただし、ラスター画像は拡大すると輪郭がギザギザして荒くなったり、縮小をすると点の一部が見えなくなったりと画像が劣化してしまうデメリットがあります。

ベクター画像(ベクトル画像)

ベクトル画像は、輪郭がはっきりした線や面を持つイラストや図面などを表現するのに適しており、座標点とそれらを結ぶ線から構成される画像で、計算によって画像を形成します。拡大・縮小をしても、その都度計算して画像を形成するため、画質が劣化しないメリットがあります。写真などのような微妙な色合いを

グラフィックソフトの種類

画像を作成、加工するためのグラフィックソフトには、ラスター画像を作成するのに適している「ペイント系」のものと、ベクター画像を作成・加工するのに適している「ドロー系」のものがあります。

ペイント系の代表的なグラフィックソフトは、「Photoshop」、ドロー系の代表的なグラフィックソフトは、「Illustrator」となります。

Illustratorでできること

Illustratorで描く

・ペンツール
自由に線を描いたり、画像をトレースしてIllustratorのデータを作成することができます。

ペンツール描画例

・図形ツール
四角形や丸などの図形を描くことができます。

図形ツール描画例

・ドローイングツール
ブラシツール、鉛筆ツール、塗りブラシツールなどを使い分けて様々なオブジェクトを作成できます。

ドローイングツール描画例

Illustratorで文字入力

Illustratorでは線や図形を描くだけではなく、印刷物やWEB素材などには欠かせない文字の入力ができます。ただ文字を入れるだけではなく、ワープロソフトと同様の機能が備わっています。

文字入力例

Illustratorクリエイティブテクニック

画像のトリミングや、様々な効果、図形を合体・分割したり、色や設定を簡単にコピーしたりなど、Illustratorにはデザインする上で必要な機能やテクニックがたくさんあります。

Illustratorでできないこと

Illustratorは拡大・縮小しても画質が劣化しないベクター画像を扱うソフトですので、写真のような微妙な色合いを表現するのが苦手です。写真のようなラスター画像はPhotoshopのようなペイント系のソフトで編集、加工を行います。

Illustratorの基本操作

また下記の記事にてIllustraotrの基本操作と使い方をシリーズで紹介しています。

操作の参考にしていただけたら嬉しいです。

【イラストレーターの使い方】カラーについて

Illustratorで色をつける場合の特徴を紹介します。 オブジェクトに色をつける Illustratorのデータに色をつける場合は、作成したオブジェクトに対して塗りの色と線の色を設定することができます。 塗りボタン、線ボタンをクリ...

【イラストレーターの使い方】ドローイングツールの描き方

Illustratorにはドローイングツールと呼ばれる機能がいくつかあります。 基本的なドローイングツールの特徴を紹介します。 ブラシツール Illustratorで手書き風の線や文字を書くのに便利なツールです。 ドラッ...
2020.09.02

【イラストレーターの使い方】図形を描く(基本ツール)

Illustratorには図形を描くツールがあります。基本となる図形の描き方を紹介します。 四角形を描く ペンツールを使用して四角形を描くことも可能ですが、「長方形ツール」を使用して描画できます。 ドラッグして描く 長方...
2020.09.02

【イラストレーターの使い方】ペンツールで曲線を描く

ペンツールを使用して曲線を描くのは慣れるまで相当時間がかかるかもしれませんが、Illustratorを使いこなすうえでペンツールでの曲線の描画は必要不可欠な操作になります。 ペンツールで曲線を描く ペンツールで曲線を描く方法...
2020.09.02

【イラストレーターの使い方】ペンツールで直線を描く

自由に線を描いたり、画像をトレースしてIllustratorのデータを作成することができるのが「ペンツール」です。 操作には慣れが必要ですが、Illustratorでベクターデータを扱う場合必要なツールです。 ペンツールで直線を描く ...
2020.09.02
パース・イラスト職工所をフォローする
タイトルとURLをコピーしました