建築パース(内観・外観)とCGパースの制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

【イラストレーターの使い方】ペンツールで直線を描く

自由に線を描いたり、画像をトレースしてIllustratorのデータを作成することができるのが「ペンツール」です。
操作には慣れが必要ですが、Illustratorでベクターデータを扱う場合必要なツールです。

ペンツールで直線を描く

ペンツールアイコン

 

ペンツールで直線を描く方法は「クリック」になります。ペンツールを選択し、画面上でクリックすると「アンカーポイント」という点が描画されます。
この点が描画の始点となります。

アンカーポイント

 

離れた場所でクリックすると、始点のアンカーポイントと結ばれた直線が描画されます。この直線のことを「パス」といいます。

直線=パス

 

このままクリックを続けるとアンカーポイントが作成されて直線が描画されます。

直線をつなげて図形を描ける

 

最後に始点をクリックすると、直線の描画が終わり、図形が作成されます。始点と終点がつながっている隙間のない図形を「クローズパス」といいます。

クローズパス

始点と終点を結びたくない場合は、Ctrlキーを押しながら余白をクリックしたり、Enterキーを押すと直線の描画を終了します。始点と終点がつながっていない図形を「オープンパス」といいます。

オープンパス

 

Shiftキーを押しながらクリックすると、水平・垂直・45度の直線が描画できます。

45度の直線

 

Illustratorで作成するデータは、アンカーポイントとそれを結ぶパスで形成されます。アンカーポイントとパスで形成される図形のことを、オブジェクトと呼びます。

タイトルとURLをコピーしました