建築パース(内観・外観)・CG制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

【イラストレーターの便利な機能】ペンツールで直線を描く

自由に線を描いたり、画像をトレースしてIllustratorのデータを作成することができるのが「ペンツール」です。
操作には慣れが必要ですが、Illustratorでベクターデータを扱う場合必要なツールです。

 

イラストレーターの基礎知識

※タップで各カテゴリページが開きます。

 
 

【最新】『写真・画像編集用ソフト の 売れ筋ランキング』はこちら

 

イラストレーターを学ぶ・極める本

職工所スタッフ厳選のよく売れているイラストレーターの本を集めてみました。「 Illustratorの本おすすめ人気ランキング10選(公開中) 」も参考に‼専門性や参考度などをランキング化(★5つ)しています。

↓タップしてAmazonで確認する↓

 

 

パース・イラスト関連のカテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

ペンツールで直線を描く

ペンツールアイコン

 

ペンツールで直線を描く方法は「クリック」になります。ペンツールを選択し、画面上でクリックすると「アンカーポイント」という点が描画されます。この点が描画の始点となります。

 

アンカーポイント

 

離れた場所でクリックすると、始点のアンカーポイントと結ばれた直線が描画されます。この直線のことを「パス」といいます。

 

直線=パス

 

このままクリックを続けるとアンカーポイントが作成されて直線が描画されます。

 

直線をつなげて図形を描ける

 

最後に始点をクリックすると、直線の描画が終わり、図形が作成されます。始点と終点がつながっている隙間のない図形を「クローズパス」といいます。

 

クローズパス

 

始点と終点を結びたくない場合は、Ctrlキーを押しながら余白をクリックしたり、Enterキーを押すと直線の描画を終了します。始点と終点がつながっていない図形を「オープンパス」といいます。

 

オープンパス

 

Shiftキーを押しながらクリックすると、水平・垂直・45度の直線が描画できます。

 

45度の直線

 

Illustratorで作成するデータは、アンカーポイントとそれを結ぶパスで形成されます。アンカーポイントとパスで形成される図形のことを、オブジェクトと呼びます。

 

 

イラストレーターの使い方講座

イラストレーターの基本操作から応用まで、実際の画面をもとに機能説明、操作方法を解説しています。

No.記事タイトル
1ペンツールで直線を描く
2ペンツールで曲線を描く
3図形を描く(基本ツール)
4ドローイングツールの使い方
5カラーについて
6グラデーションについて
7テキストツールについて
8ブレンドツールの使い方
9変形ツールの使い方
10パスファインダーの使い方
11整列パネルの使い方
12スポイトツールの使い方
13シンボル機能の使い方
14Illustratorの効果について
15画像の配置(挿入)について
16線(罫線)について
17クリッピングマスクについて
18段落パネルについて
19スレッドテキストについて
20テキストの回り込みについて
21レイヤーについて
22いろいろな選択機能について
23スウォッチについて
24タブについて
25アクションについて
26アピアランスとグラフィックスタイルについて
27エンベロープについて
28グラフについて
29変形パネルについて
30文字スタイルと段落スタイルについて
31合成フォントについて
32ライブペイントについて
33「オブジェクトを再配色」について
34パスのいろいろな編集機能について
35遠近グリッドについて
36ライブトレース(画像トレース)について

パース・イラスト職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました