建築パース(内観・外観)・CG制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

【イラストレーターの便利な機能】ドローイングツールの使い方

Illustratorにはドローイングツールと呼ばれる機能がいくつかあります。基本的なドローイングツールの特徴を紹介します。

 

イラストレーターの基礎知識

※タップで各カテゴリページが開きます。

 
 

【最新】『写真・画像編集用ソフト の 売れ筋ランキング』はこちら

 

イラストレーターを学ぶ・極める本

職工所スタッフ厳選のよく売れているイラストレーターの本を集めてみました。「 Illustratorの本おすすめ人気ランキング10選(公開中) 」も参考に‼専門性や参考度などをランキング化(★5つ)しています。

↓タップしてAmazonで確認する↓

 

 

パース・イラスト関連のカテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

ブラシツール

Illustratorで手書き風の線や文字を書くのに便利なツールです。

ブラシツールアイコン

 

ドラッグすると紙にペンで書くように線を描画できます。

手書きのようなブラシツール

 

ブラシは太さなどを変更するだけでなく、様々なブラシの種類があり、描画の幅も広がります。

ブラシツール太さの例

ブラシツール

 

塗りブラシツール

塗ブラシツールアイコン

 

ブラシツールと似ていますが、描画されたオブジェクトが線ではなく塗りの状態になるのが塗りブラシツールです。

ブラシツールの線と塗りブラシツールの線

 

どちらのツールで描画したものも変わりないように見えますが、アウトライン表示にするとブラシツールで描画したものは線の情報だけで、塗りブラシツールは塗りの情報がのみになっているのが分かります。

ブラシツールで描画した線は線の形を修正したり太さを変更することが可能ですが、塗りブラシツールではそのような変更ができません。

ブラシツールの線と塗りブラシツールの線

 

鉛筆ツール

鉛筆ツールアイコン

 

ブラシツールと同様にドラッグして自由に線を描くことができるツールです。

モコモコした形も簡単に描ける

 

鉛筆ツールを使用して線を描いてから続けて線を描き足そうとすると、前に描いた線が修正されてしまうことがあります。

横に線を引いて

下に引く線を足すと

右に伸びていた線が消える

 

その場合は、鉛筆ツールのオプションで「選択したパスを編集」のチェックを外してください。これで線の形が変わらず続けて描画できます。

「選択したパスを編集」のチェックを外す

 

 

イラストレーターの使い方講座

イラストレーターの基本操作から応用まで、実際の画面をもとに機能説明、操作方法を解説しています。

No.記事タイトル
1ペンツールで直線を描く
2ペンツールで曲線を描く
3図形を描く(基本ツール)
4ドローイングツールの使い方
5カラーについて
6グラデーションについて
7テキストツールについて
8ブレンドツールの使い方
9変形ツールの使い方
10パスファインダーの使い方
11整列パネルの使い方
12スポイトツールの使い方
13シンボル機能の使い方
14Illustratorの効果について
15画像の配置(挿入)について
16線(罫線)について
17クリッピングマスクについて
18段落パネルについて
19スレッドテキストについて
20テキストの回り込みについて
21レイヤーについて
22いろいろな選択機能について
23スウォッチについて
24タブについて
25アクションについて
26アピアランスとグラフィックスタイルについて
27エンベロープについて
28グラフについて
29変形パネルについて
30文字スタイルと段落スタイルについて
31合成フォントについて
32ライブペイントについて
33「オブジェクトを再配色」について
34パスのいろいろな編集機能について
35遠近グリッドについて
36ライブトレース(画像トレース)について

パース・イラスト職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました