建築パース(内観・外観)とCGパースの制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

【イラストレーターの使い方】ペンツールで曲線を描く

ペンツールを使用して曲線を描くのは慣れるまで相当時間がかかるかもしれませんが、Illustratorを使いこなすうえでペンツールでの曲線の描画は必要不可欠な操作になります。

ペンツールで曲線を描く

ペンツールアイコン

 

ペンツールで曲線を描く方法は「ドラッグ」になります。直線と書く場合と同じで「アンカーポイント」を曲線のパスでつないでいく描き方になります。

まずは始点となる場所で上にドラッグします。ドラッグを始めた場所にアンカーポイントが作成され、上下に「方向線」と呼ばれる曲線の曲がり方を操作する線が出てきます。

アンカーポイントから延びる方向線

 

ドラッグをやめ、違う場所に移動すると曲線のパスがマウスポインタについてきます。

マウス操作に従って線が曲がる

 

次の点に移動し、下方向にドラッグすると下記のような曲線が描画されます。

下方向にドラッグする

始点と終点をつなげるか、Ctrlキーを押しながら余白をクリックしたり、Enterキーを押すと曲線の描画を終了します。

Enterキーを押すと曲線の描画を終了

 

方向線の向きと角度を調整することで曲線の描画を調整することができます。

Illustratorで描かれるパス上には必ずアンカーポイントが存在しますので、アンカーポイントをどこに作成して、方向線をどの方向にどのくらいドラッグするかが思い通りの曲線を描画するポイントになります。

アンカーポイントの前後の方向線は連動してしまうので、線を途中で折り曲げたい場合は、ドラッグして方向線が出た状態でAltキーを押しながらドラッグすることで方向線の方向を折り曲げることができます。

Altキーで線を曲げる

 

次に違う場所でドラッグすることで曲線を折り曲げることが可能です。

対象の図形も簡単に作れる

 

ペンツールでの曲線の描画は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、画像のトレースなど正確な描画には必要なツールになります。

タイトルとURLをコピーしました