建築パース(内観・外観)・CG制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

『Blender』の使い方|PLATEAUを利用して都市を作ろう

今回は、国土交通省が配布する「PLATEAU」を使って、都市を作ろうと思います。細かいディテールを求めるシーン以外であれば非常にカットの情報量を増やせると思いますので、是非試してみてください。

 

PLATEAU

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

モデルをダウンロード

まず、モデルダウンロードを行います。検索サイトから「PLATEAU」と検索し下記のサイトにアクセスします。

 

サイトにアクセス

 

サイト内にアクセス後、サイト最下へスクロールしConnectionのG空間情報センターをクリックし再度、別のページに移動します。

 

G空間情報センターへ移動

 

移動後画面を見てみてください。日本各地の3Dデータが表示されます。その数56都市!これだけの都市データを無償で配布するとは正直驚きました。これだけの配置精度の有るモデルであれば、日本の都市を使用したアニメやゲーム等に容易に使用することができます。

 

56都市の3Dデータ

 

※色々調べていくと、このデータは商用利用が可能とのことです。「版権が、、、裁判怖いな」と思ったそこのあなた、タダなのでバシバシ使っていきましょう。

今回は東京23区のデータを選択していきます。選択すると都市の特徴3Dデータの情報が記載されており、下部にスクロールしていくと様々なモデルデータを選択しダウンロードすることができます。

 

詳細情報が記載されている

 

今回は、FBX形式のデータをダウンロードしていきます。

 

FBXデータをダウンロード

 

ダウンロードファイルを解凍すると、下記の様なファイルが出てきます。ファイルの内容物は画像に記載しておきます。

 

ファイル内容物

 

 

都市モデルをインポート

次にモデルのインポートを行っていきます。Blenderを開き、file→import→FBXにてBlenderFileViewを開きます。

 

FBXファイルをインポートする

 

開いた後ダウンロードしたデータのパスまで行き、bldgを開くとLODのファイルが出ます。

LOD2を選択します。

 

LOD2を選択します

 

開くと番地みたいな数字が沢山、出てきましたね?これは最初のダウンロードファイルに同封されていたPDF数値が記載されており、これとモデルデータが紐付けられているので、引用しながら運用してみてください。

 

東京23区 データ構築範囲索引図

PDFを見ながら運用する

 

自分の好みのデータを選択してインポートをしましょう。

※インポートには10分から30分ほどかかる場合があるので気長に待ちましょう。

インポートが終わるとアウトライナ―に沢山のオブジェクトが追加されますが、小さくて見えませんね、、、この場合、一つのオブジェクトを選択し、テンキーの.を押してください。すると、選択したオブジェクトへカメラが寄ってくれます。

 

見やすいようにモデルにカメラを寄せる

 

マテリアルプレビューに変更すると、テクスチャが反映されるようになります。

 

テクスチャを表示

 

橋梁モデルの追加を行っていきます。追加方法は先程と同じで、file→import→FBXです。今度はbridのほうのファイルを開いていきます。

 

Bridのファイルを開いていきます

 

追加が終わると、下記のように高速道路などが追加されます。

 

高速道路などの橋が追加される

 

 

地表モデルを作成

ここからは地面モデルを追加してきます。まず平面を追加していきましょう。Shift+A→Mesh→Planeより追加可能です。追加後、サイズを都市のサイズに合わせます。

 

平面を追加する

 

追加後スケール合わせを行ったら、ワークスペースをshadingに切り替え、平面に新規マテリアルを設定します。

 

平面に新規マテリアルを追加する

 

ここで画像テクスチャを追加します。Shift+A→Texture→ImageTextureより、追加可能です。

 

画像テクスチャを追加する

 

※下記リンクのサイトより航空画像をダウンロードすることができますのであらかじめダウンロードを行っておきましょう。

 

公式サイト地理院地図Vector|国土地理院 (gsi.go.jp)

 

ダウンロード後、サイズを修正し建物とぴったり合うように合わせます。その後ついでに建物と色味が合うように修正しましょう。

 

地面と建物を合わせる

 

 

背景を設定

次に背景を追加します。ワールドプロパティ→カラー→環境テクスチャ→HDRIを選択します。

 

背景の追加

 

追加をすると下記のように良い感じになります。

 

背景追加後

 

 

完成

以上で完成となります。遠近のカットなどでは、違和感は目立たないので非常に使いやすいと思います。無料でこのクオリティのデータが使えるのは非常に魅力的ですので、非試してみてください。

 

完成

 

今回はBlenderにて説明しましたが、どの3Dソフトウェアにも関係しているので是非学んでみてください。

 

 

Blenderを学ぶ・極める一冊!

職工所スタッフが厳選した最新のおすすめ参考書・問題集を集めてみました。Blenderの操作を画面付き解説してます「 Blenderの使い方講座|初心者に優しく伝授 」も参考にしてくださいね‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

 

 

 

 
 

よく読まれている記事

 

パース・イラスト職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました