建築パース(内観・外観)・CG制作の外注はパース・イラスト職工所 【下請歓迎】

切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング10選

切り絵は、紙を切り抜いて台紙に張り込む絵画です。下絵を丁寧に切り抜いて、黒い紙に固定することでコントラストの効いた絵画になります。専用のカッターを使い、繊細な作業が必要ですが、こどもから大人までスキルに合わせた作品が作れます。

 

切り絵の本の選び方

下絵を写す手間を省いたものや立体的な作品に仕上がるもの、ステンドグラスのような出来栄えのもの、お好きな作家の作品集などさまざまな本があります。切り絵のモチーフはシーズンごとのものから、お国柄が出るもの、カラーのもの、白黒のものなど色々です。

 

切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング10選

では、さっそく切り絵に関する本をランキングでご紹介していきます。興味やレベルに合わせて、参考にしてください。

【第1位】誰でもできる 切り絵入門

わかりやすく美しい切り絵の入門書
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵のランキング第1位は『誰でもできる 切り絵入門』です。国内外で人気の切り絵画家である久保修が、初心者に向けてスキルを公開した切り絵の入門書です。NHKテレビテキスト『趣味工房シリーズ あなたもアーティスト 誰でもできるはじめての切り絵』を加筆・修正を加えてグレードアップしています。基礎から丁寧に、作品作りの過程を写真と作例を使って紹介しているので、わかりやすいです。オリジナル下絵集が53点、すぐに始められるように、下絵は4枚ついています。著者の『紙のジャポニスム・切り絵 久保 修 画集I -日本の四季-』も参考になります。

著者久保 修
出版社つちや書店
ページ144ページ
 
読みやすさ  ★★★★★
実用度    ★★★★★
 

 

【第2位】紙のジャポニスム・切り絵―久保修画集(1)日本の四季

日本に生まれて良かった
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第2位は『紙のジャポニスム・切り絵―久保修画集(1)日本の四季』です。切り絵を始めた方はデザインや技術の勉強におすすめです。切り絵は見る専門だという方には、著者の素晴らしい作品を堪能できる1冊です。趣味で切り絵を始めたご友人へのプレゼントに最適です。

著者久保 修
出版社つちや書店
ページ68ページ
 
読みやすさ  ★★★★★
実用度    ★★★★★
 

 

【第3位】すぐに切りたくなる図案がいっぱい! 世界一たのしい! 切り紙ブック

手のひらから広がる無限の世界観が魅力
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第3位は『すぐに切りたくなる図案がいっぱい! 世界一たのしい! 切り紙ブック』です。紙とハサミがあれば、だれでも簡単に始められるのが切り紙の世界です。紙を折って、切って、開くと、予想もつかない素敵な光景が目の前に現れます。季節モチーフ、おめでたいモチーフなどの図案が255点も収録されています。切る工程、開く工程も楽しいですが、作ったあとのモチーフの活用方法ml紹介されているので、楽しみ方が広がります。

著者いしかわ☆まりこ、すが みほこ、たけうち ちひろ
出版社KADOKAWA
ページ79ページ
 
読みやすさ  ★★★★
実用度    ★★★★★
 

 

【第4位】すごいことが最後に起こる! イラスト謎解きパズル

ラストの感動は忘れられない
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第4位は『すごいことが最後に起こる! イラスト謎解きパズル』です。かわいいイラストに油断すると、手強いパズルに泣かされます。ひらめきと論理的思考、ヒントをもとに謎を解いていくと、最後に信じられないことが起こります。パズルや謎解きが好きな方は、夢中になること間違いなしです。一生忘れられない、永久保存版、との声が多く寄せられています。著者の『CRAPヒラメキナゾトキBOOK』もおすすめです。

著者SCRAP
出版社SCRAP出版
ページ96ページ
 
読みやすさ  ★★★★
実用度    ★★★★
 

 

【第5位】立体の模様を作る 彫刻切り絵

完成品はプレゼントに最適
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第5位は『立体の模様を作る 彫刻切り絵』です。本書は、さまざまな図案の紙を幾重にも重ねて立体的な切り絵を完成させる彫刻のような切り絵を紹介した1冊です。彫刻切り絵についてのレクチャーから、道具、材料の説明、カットの仕方を丁寧に解説しています。21作品の型紙と切ってそのまま使える厚紙の型紙つきです。

著者輿石 孝志
出版社グラフィック社
ページ144ページ
 
読みやすさ  ★★★★
実用度    ★★★
 

 

【第6位】ステンドグラス切り絵 美しい日本の春夏秋冬

初心者向けの教科書
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第6位は『ステンドグラス切り絵 美しい日本の春夏秋冬』です。本書は、切り絵初心者でもすぐに作品作りに取り掛かれるように、下絵を写す手間を省いています。切り絵は複雑な下絵を写しとることからはじまります。ですが、繊細な絵は写しとるのが難しく、その時点で断念してしまう方も少なくありません。基本の道具、切り方の説明、失敗したときの対処法、色紙の貼り方が丁寧に解説してあり、誰でもすぐにはじめられます。著者『1年中使えて楽しめる切り絵図案 花の切り絵200』も参考になります。

著者大橋 忍
出版社講談社
ページ80ページ
 
読みやすさ  ★★★
実用度    ★★★
 

 

【第7位】まめねこ切り絵 はじめましての物語

猫に癒され、見ているだけでも満足です
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第7位は『まめねこ切り絵 はじめましての物語』です。独自のスタイルで切り絵を創作する著者の、はじめての書籍です。インスタで多くのフォロワーを持つ著者のファンは必見です。小さめのサイズの本で手頃感があります。かわいい猫と添えられた言葉に癒されます。図案見本やそのまま切れる図案も掲載されているので、初心者にもおすすめです。

著者切り絵の時間
出版社講談社
ページ80ページ
 
読みやすさ  ★★
実用度    ★★★
 

 

【第8位】ステンドグラス切り絵100 季節の花と小さな動物たち

繊細な大野ワールドがお手元に
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第8位は『ステンドグラス切り絵100 季節の花と小さな動物たち』です。切り絵は下絵を写す必要があります。繊細なものは下絵を写すことが困難ですが、本書は写す必要がなく、そのまま作品を仕上げることができます。初心者には少しテクニックが要りますが、繊細な大野作品を存分に楽しむことができるので、おすすめです。著者の『そのまま切れる♪ モチーフ30 ステンドグラス切り絵キット ([バラエティ])』も人気です。

著者大橋 忍
出版社講談社
ページ80ページ
 
読みやすさ  ★★
実用度    ★★★
 

 

【第9位】美しい花モチーフの切り絵 ANIMAL FANTASY

すぐに作りたくなるモチーフがたくさん
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第9位は『美しい花モチーフの切り絵 ANIMAL FANTASY』です。繊細で美しい切り絵のモチーフがたくさん掲載されています。そのまますぐに切れる80点以上の図案が収録されています。作りたくなる動物と花のモチーフと異なる3種類の紙を使用しています。著者の『美しい花モチーフの切り絵 FLOWER PARTY』も人気です。

著者チェ ヒャンミ
出版社河出書房新社
ページ127ページ
 
読みやすさ  ★★
実用度    ★★
 

 

【第10位】はじめてのカラフル切り絵: 好きな色で自由につくれる

初心者から中級者まで楽しめる1冊
切り絵を始める方に読んでほしいおすすめの切り絵の本ランキング第10位は『はじめてのカラフル切り絵: 好きな色で自由につくれる』です。黒い紙をカットし、裏に色紙を貼る新しい切り絵を丁寧に解説しています。簡単なモチーフから曲線が美しい中級者向けのモチーフまで揃えているので、幅広い層は楽しめる内容となっています。折り紙や包装紙、和紙などアイディア次第で作品の雰囲気が変わります。著者の『花を楽しむカラフル切り絵: 12カ月を彩る草花&動物モチーフ』もおすすめです。

著者ゆまあひ maki
出版社誠文堂新光社
ページ143ページ
 
読みやすさ  ★★★★★
実用度    ★★★★★
 

パース・イラスト職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました