内観パース

ご活用事例

リビングやエントランスホール、部屋の内部などの建物の室内を描いているのが「内観パース」です。
間取図では完成した建物の空間イメージがわきにくく、伝えるのも難しいものです。 内観パースがあれば、細かいディテールまで表現し、光の入り方や素材感もリアルに表現することが可能ですので、伝わりにくい空間イメージを効果的に補完することができます。 内観パースにより建物内の質感やデザインを伝えることで、ターゲットを絞り、的確にお客様に紹介することができます。
マンションの部屋などの内観パースの場合は、その部屋に合ったインテリアを配置するなど、実際に生活する様子を想像してもらう、ということが大切です。

制作スタッフの声
印象的な仕上げになるように、暗いところはより暗く、明るいところはより明るく
なるようライティングしています。
素材の光沢感やざらつきは大げさに表現し、高級感を出すようにしています。

作成例1

【戸建住宅(和風)】 モデルルーム内観パース制作期間/7営業日光・素材選・落ち着き

サンプル

作成例2

【戸建住宅(モダン)】 モデルルーム内観パース制作期間/7営業日素材選・高級感・奥行

サンプル

作成例3

【マンション】 モデルルーム内観パース制作期間/10営業日質感・生活感・色

サンプル

作成例4

【戸建て住宅(中庭・パティオ)】 内観パース制作期間/5営業日光・室内・創造性

サンプル

作成例5

【マンション】 エントランス・ショットパース制作期間/5営業日スケール・シンプル

サンプル

作成例6

【マンション】 一点透視のエントランスショットパース制作期間/7営業日質感・高級感

サンプル

PAGE TOP